仮想通貨を掘る機械ASICマイナーの取り扱い・メンテナンス・エラー解除方法

ASICマイナーを持っている人や今から手に入れようと思っている人は必見です。ASICマイナーのメンテナンス、マイニングプール設定、エラー解除や高音対策についてお話ししたいと思います。

高音対策

仮想通貨を稼ぐASICマイナーはとってもデリケートなマシンです。音もかなりうるさいから普通PCの様に家での取り扱いは難しいかと思います。ですから防音材のケースを作らなければなりません。

4枚の木板と8本の木棒で2段の箱を作ります。周りに防音材の板をはってねじでとめます。

ほこり対策

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

チップを冷やすファンが強いので、中がすぐにほこりだらけにならないように、防音材に丸い穴を開けてアルミゴフラを指し入れます。入口にガーゼやフィルターをつけます。

反対側にも丸い穴を開けてアルミゴフラをさしこみます。空気の出口にはフィルターをつけなくて結構です。

フィルター交換は週に1回はした方がいいでしょう。

マイニングプール設定

マイニングプールの設定は簡単です。先ずはAsicマイナーのIPアドレスを確認します。IP scanと言うプログラムを使ってみてください。

IPアドレスが分かったら、ウェブブラウザを開いてアドレスバーに入力します。

Enterを押すとログイン画面が出てきます。

Bitmainの機械の場合はログインとパスワードは

root

root

です。

ログイン後MINER SETTINGのタブを開きます。

こちらはプールアドレスとworker名とパスワードを入力出来ます。

エラー確認・解除

プール設定後Asicマイナーが自動的に再起動します。再起動後miner statusのタブ開きます。

左上にハッシュレートが表示されます。

一番したの部分までスクロールすると機版やチップのステータスを確認できます。

チップのステータスは下の右側に表示されます。

チップに異常がない場合(列)

0000-0000-0000-0000

チップに異常がある場合(列)

0000-0××0-××××-0000

チップは正しく働かない場合には再起動をしてみましょう。数回再起動をしてもなおらなかったら、恐らく、チップがついているボードを交換しなければなりません。

チップに異常はないけど、ハッシュレートが上がらない又は設定されたプールのworkerを確認できない場合

Kernel logのタブを開いてみてください。

機械の中に起きていることがすべて記録されています。したまでゆっくり読んでみてください。

エラーの原因が分かれば、大体どこを直さないと行けないのか分かります。

プール側の問題もたまに起きるので、別のプールにも一回繋げて確認しましょう。

おわりに

いかがでしたか?何が大変かというと騒音と言うより爆音が何より大変です。

始めようと思う人はしっかりした騒音対策をお勧めします。マイニングは防音室でやった方がいいかもしれませんね。

返事を書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください

17 − 13 =